SSLに対応する時(http → https)には要注意です。

SSL化しないとSEO上のデメリットになります。 

Googleは検索結果ランキングに「httpsサイトを優遇する」と発表しており、SSL化されていないサイトはランキングが低下する可能性があります。
SSL化しないとSEO上のデメリットが生じるため、SSL化はもはや必須といえます。
もちろん当サイトもSSL化の対応をしております。

参考:https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html

また、Google Chromeでは SSL化されていないサイトには「保護されていません」と表示するため、「安全ではない」サイトと受け取られてしまいます。

意外なことにそこそこ有名な企業のサイトでもSSL化が遅れていて、「保護されてません」と表示されてしまうと、偽サイトではないかと疑ってしまうほどです。

企業様からすればそのような表示が出てしまっていることを認識している可能性が高いかもしれません。
WebサイトをSSLに対応するとURLが変わることがわかります。
URLの先頭がhttp://からhttps://になるためです。

しかし、SSL化をするということは先述の通り1文字の違いしかないのですが、この場合でも移行が必要になるので注意が必要です。
移行という手間の掛かる作業を必要とするため対応が遅れているかもしれません。

 

Webサイトにとってセキュリティ対策は欠かせません。

セキュリティを強化する一つの方法として、WebサイトのSSL化があります。
しかし、httpの後にsが付くだけかもしれませんが、これもURLの移行です。

SSL(Secure Sockets Layer)とは、Webサイトでやり取りするデータを暗号化する仕組みのことです。

WebサイトがSSLに対応しているかは、URL欄を見ればわかりますが、URLがhttp://ではなく、https://ではじまっていればSSL化されていると判断できます。

また、URLの左にGoogle ChromeやFireFoxなどでは鍵のマークが付くので、それでも見分けが付きます。

Webサイトをより安全にするためにも、SSL化はセキュリティ対策としてお勧めします。

レンタルサーバーによっては簡単に対応できる所もあります。

この対策もロリポップだと対応可能だったのは便利なところで、ひとまずGoogleへの対応をクリアできればOKであれば簡易式なものではありますが、無料でSSL化ができます。
事業上、本格的なSSL化が必要であれば有料のプランをお勧めします。

タグ , , , , . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。