ターゲット

ターゲットとは

内容を読んでほしい人物像のことを指します。

例えば、「社会運動をしている女性」や「就職活動をしている学生」といったものです。
ライティングした内容は万人に向けるものではなく、ターゲットを絞って書いた方がより深い、質の高いものになります。
マーケティングでは「ターゲティング」という言われ方をします。

ターゲティングとは、勝負する市場を選ぶことです。

顧客(市場)にはさまざまな層があります。
全ての顧客層を対象としていたのでは、戦略を明確にすることができません。
そこでターゲティングを行うことで勝負する顧客層の的を絞り、狙った顧客層のニーズに応える商品やサービスを提供するために求められるものは何かと戦略を構築していきます。

ただ、これをするにはまずどんな客層があるかというのを知る必要があります。
そこでどのような客層が存在するかというのを知るために、市場を細分化して把握していく必要があります。
これをセグメンテーションと言います。
顧客の年齢や趣味嗜好、居住および勤務地域、過去の行動データなどさまざまなものがありますので、こういった情報を基にどんな客層があるかを把握していきます。

セグメンテーションを行うことで、どんな客層がいるかを知ることで、どんな客層を狙うべきかというターゲティングに進むことができます。
自己の強みを生かすことができ、競合他者に対して優位に立てることを考慮することが戦略上大切ですなのです。
どんな客層があるのかというのが分からなければ、こちらの強みを活かせる客層はどういう人たちなのかという気づきを得ることはどうやってもできないのです。

注意したいのは「ネガティブ表現」

Webコンテンツの文章を書くにあたって、注意したいのは「ネガティブ表現」です。
特定のものを悪く書いたり誹謗中傷したりする内容を「ネガティブ表現」と言います。
基本的にネガティブな表現は、どのWebライターにとってもNG行為です。
それを読むユーザーや悪く言われた当事者などを不愉快にさせてしまいます。

しかし、狙った客層に感情的に訴えるという心理的戦略から、特定の標的を攻撃するよう仕向けるようなネガティブ表現を悪用する手口がしばしば見受けられます。
注目されるためによりセンセーショナルなものを求められることになってしまい、伝えたい内容より如何にセンセーショナルかということに注意が集中してしまうことになるでしょう。
そのような手法は短期的にインプレッションは伸びますが、すぐに飽きられてしましがちです。

そういった戦略は短期的には成功しますが、いずれ飽きられて長期的には尻すぼみになっていくのは確実ですのでサイトの運営上はオススメできません。
Webコンテンツは公開して時間が経って忘れた頃に検索されて閲覧されることも少なくないので、ロングテール戦略をとるのも有効な戦略です。
Webコンテンツでは瞬間的なアクセスの伸び自体を重視されがちですが、裏を突いて短期的なトレンドに左右されない長期的戦略を持ってターゲットを考えるというのも一つの戦略です。

タグ , , , , . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。